エンタメ

ショーシャンクの空にの主人公の俳優は誰?現在は何をしている?

2022年5月18日

ショーシャンクの空にの主人公の俳優は誰?

スポンサーリンク




ショーシャンクの空にの主人公の俳優は誰なのか知りたい!
という方にショーシャンクの空にの主人公の俳優が誰なのか、現在は何をしているのかなど詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

ショーシャンクの空にの主人公の俳優は誰?

ショーシャンクの空にの主人公の俳優はティム・ロビンスです。
甘い童顔の顔立ちですが、身長は195センチメートルとかなりの長身です。

 

数多くの作品に出演して、2003年にアカデミー賞の助演男優賞やゴールデングローブ賞も受賞しています。

ティムロビンスは、俳優としても大活躍していますが、俳優以外にもかなり多彩に活躍をしています。

映画監督

ティムロビンスは1992年から1999年の間に3作品も監督・脚本を手掛けました。

ティム・ロビンスの監督作品
・ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄
・デッドマン・ウォーキング
・クレイドル・ウィル・ロック

『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』では自身で主演も務めていて、さらに劇中の挿入歌もティム・ロビンスが作ったものが使用されています。
監督・脚本・制作・主演・挿入歌作成などかなり多彩なことがわかりますよね!

音楽活動

ティム・ロビンスは2011年には『ティム・ロビンス・アンド・ザ・ロウグス・ギャラリー・バンド』というアルバムも発売しています

このアルバムに収録されている全9曲は、すべてティム・ロビンスが作詞・作曲を手掛けています。

音楽はティム・ロビンスの父親が60年代に人気のあったミュージシャンのギル・ロビンズであったことや、数多くのフォークミュージックを発信したニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジで子供のころから過ごしていたことが大きく影響しているようです。

 

ショーシャンクの空にの主人公の俳優(ティム・ロビンス)の代表作は何がある?

ショーシャンクの空にの主人公の俳優のティム・ロビンスの代表作の一部をご紹介します。

トップガン

1986年に公開された映画です。
ティム・ロビンスはレーダー迎撃士官のサム・“マーリン”・ウェルズ 海軍中尉という役で出演しています。
登場シーンは多くないですが、20代のまだ少しあどけなさが残るティム・ロビンスを観ることができます♪

ザ・プレイヤー

1992年に公開された映画です。
ティム・ロビンスは映画会社の取締役であるグリフィン・ミル役を演じました。
この映画でカンヌ国際映画祭 男優賞とゴールデングローブ賞を受賞しています。

ミスティック・リバー

2003年に公開された映画です。
ティム・ロビンスは子供のころのトラウマに苦しむデイヴ・ボイル役を演じています。
この作品でのティム・ロビンスはトラウマに苦しむ役ということで、今までの役よりもぐっと影のある演技をしているのが見どころです。
この役でアカデミー賞の助演男優賞やゴールデングローブ賞も受賞しているので、その演技は要チェックです!

 

スポンサーリンク

ショーシャンクの空にの主人公の俳優(ティム・ロビンス)の現在は?

ショーシャンクの空にの主人公の俳優のティム・ロビンスは2022年5月現在63歳になりました。

現在でも俳優として大活躍をしていて、直近では2021年12月に日本でも公開された『ダーク・ウォーターズ』という映画に出演しています。(アメリカでは2019年に公開)

また、2019年にはショーシャンクの空にの原作者スティーブン・キングが脚本を手掛けた『キャッスルロック』というミステリードラマにも出演されています。

ショーシャンクの空にの主人公の俳優は誰?現在は何をしている?まとめ

ショーシャンクの空にの主人公の俳優は誰なのか、また現在は何をしているのかについてご紹介しました。

ショーシャンクの空にの主人公の俳優はティム・ロビンスで、現在も俳優として活躍を続けています。
また、ティム・ロビンスはミスティック・リバーでアカデミー賞の助演男優賞など賞を受賞したほかにも、映画監督や音楽活動など、かなり多彩に活動をしています。

ショーシャンクの空に以外の作品のティム・ロビンスもぜひチェックしてみてください^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エンタメ

Copyright © みどりびより , All Rights Reserved.