エンタメ

束の間の一花の先生の年齢は何歳?40代を京本大我が演じるのは無理がある?

束の間の一花の先生の年齢は何歳?40代を京本大我が演じるのは無理がある?

束の間の一花の萬木先生の年齢は何歳だろう?

京本大我さんが演じる束の間の一花の萬木先生の年齢がいくつなのか気になりますよね。

この記事では束の間の一花の先生の年齢が何歳なのかを、原作の漫画をもとに予想します!

 

スポンサーリンク

束の間の一花の先生の年齢は何歳?

束の間の一花の先生(萬木先生)の年齢は、明確になっていませんが恐らく40代である可能性が高いです。

萬木先生が40代である可能性が高い理由は原作の漫画から

束の間の一花の萬木先生の肩書きが准教授であること

束の間の一花の原作漫画の第9話『去年の夏だった』で、萬木先生の病気が発覚した時のエピソードが描かれています。

その中で大学講師をしている萬木先生の研究室の入り口も描かれていて、そこには『萬木昭史 哲学 准教授』と表札がついています。

束の間の一花の原作の漫画では萬木先生は大学の准教授であることがわかります。

准教授は歴代最年少では26歳で着任している人もいますが、

一般的には30代~40代で着任することが多く、平均年齢も40代後半です。

萬木先生は『単位がゆるい』から「ゆるゆる」と呼ばれているということもあり
准教授になったばかりではなく、准教授としてそれなりに経験も重ねていることから40代である可能性が非常に高いです。

束の間の一花の萬木先生の目元にはしわがあること

束の間の一花の原作の漫画では、萬木先生の目の下にはしわが描かれています。

そのしわがあることで、萬木先生は若くはないんだなというのがわかります。

漫画などのイラストでは40代以上の人の顔には、目元や口元にしわを描いて加齢を表現することがとても多いです。

そのため、束の間の一花の原作の漫画では萬木先生は40代以上のキャラクターとして描かれていると予想ができます。

 

束の間の一花の萬木先生を京本大我が演じるには無理がある?

束の間の一花の萬木先生が原作通りの年齢設定であれば現在27歳の京本大我さんが演じるとなると違和感はありますよね。

束の間の一花のドラマでは、萬木先生役の京本大我さんに合わせて准教授ではなく

教員としての肩書きも違うものとして設定されているかもしれないですね。

スポンサーリンク

まとめ:束の間の一花の先生の年齢は何歳?40代を京本大我が演じるには無理がある?

束の間の一花の先生の年齢は何歳なのか、原作の漫画をもとにした予想をご紹介しました。

束の間の一花の萬木先生の年齢は、原作の漫画では明かされておらず40代である可能性が高いです。

40代である可能性が高い理由は、萬木先生の大学講師の肩書が准教授であること

目の下にしわが描かれていて加齢が表現されていることから予想できます。

現在27歳の京本大我さんが40代を演じるのには、年齢的に少し無理があるのでドラマでは先生の肩書や年齢の設定が変わっている可能性もありますよね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エンタメ

Copyright © みどりびより , All Rights Reserved.